東京・町田でカスタムメイドフレームを製作するケルビム工房。
2006年のwhooオープン当初から、ショップのメインの取り扱いブランドとして、大変多くのカスタムオーダーのお手伝いをさせていただいています。
ユーザーの体格、好みの乗り心地や使用目的などを基に、細かなサイズや使用するパイプなどを決めて一本ずつハンドメイド。
ポジション、乗り味がライダーにバッチリ合った自転車は本当に気持ちいい!
出来上がったフレームは、提携する塗装工房にて一流のペインターによって美しく仕上げられて届きます。
選べる色も無限大。
世界に一台の自分専用自転車をぜひ。

CHERUBIMオフィシャルサイトはこちら

チネリは、長い歴史をもつイタリアのバイクブランド。
高性能なだけでなく、イタリアンブランドらしいスタイリッシュなデザインも魅力。
ロード、グラベル、ツーリングバイクのほか、ピストバイクにも力を入れています。
車体の他にも、ハンドル、ステム、シートポストなどのパーツ類、バーテープ、ボトルケージなどのアクセサリー、サイクルジャージ、Tシャツ、サイクルキャップ、グローブなども、イカしたチネリデザインで多数リリース。

cinelliオフィシャルサイトはこちら
cinelli国内代理店サイト(ロード系メイン)はこちら
cinelli国内代理店サイト(ピスト系メイン)はこちら

京都のサイクリストのサイクリングエリアでもある、滋賀県の信楽に工房を構えるカスタムオーダーフレームブランド、マッキサイクル。
東京サイクルデザイン専門学校の第1期生のマッキーが、専門学校在学中に立ち上げたブランド。
バネ感がありよく走る、ユーザーに合わせて作るスチールフレームのオーダーメイドを得意とします。
クロモリスチール素材の他、ステンレスやカーボンハイブリッドなど、新しい素材にも挑戦しています。
ロック好きなビルダーのマッキーと僕(whoo)は、GRETSCHギターのオーナーという共通点もあったりしますが、それはまた別の話。

Macchi cyclesオフィシャルサイトはこちら

アメリカ、カルフォルニアに本拠を置くNINER BIKES(ナイナー・バイクス)
その名の示す通り、元々は29インチのマウンテンバイクからスタートしたオフロードバイクブランド。
現在世界中で人気のグラベルバイクへの取り組みも早く、今のグラベルバイク、アドベンチャーバイクと呼ばれるスタイルを作った、最も重要なブランドの一つと言えます。
whooでもNINERのグラベルバイク、RLTシリーズは大好評です。

NINER BIKESオフィシャルサイトはこちら
NINER BIKES国内代理店サイトはこちら

Panasonic Order System(POS)は、パナソニックのスポーツバイクオーダーメイド部門。
クロモリ、チタンのフレームを国内(大阪)の工場でハンドメイドしています。
オーダーを受けた後にパイプの切り出しから始めるPOSは、高い技術力と生産管理能力で、最短で約14営業日からという短い納期で精度の高いフレームを作り上げます。
選べるカラー、デザインが多いのも魅力なPanasonicバイク、実は1990年代にはツール・ド・フランスでも使われたことがあり、ファンの多い当時のレーシングカラーは今でもオーダーすることが可能です。

Panasonic (POS)オフィシャルサイトはこちら