この自転車にはヒミツがある。。。

オーダーいただいていたmacchi cycles(マッキ・サイクルズ)の素敵なバイクが組み上がりました。
実はこのフレームにはヒミツがあります。
ヒミツ??
気になっちゃった方は写真をよく見ながら最後まで読んでね!

Sooooo Coooooool!!!
かっこいいでしょー。
グラベルにも対応するツーリングバイクですよ。

フレームは、信楽に工房を構えるmacchi cyclesへのフルオーダー。
オーナーさんの体格、走り方、好みなどを基に1から作ってもらう完全オーダーメイドです。
ホリゾンタルなトップチューブが、ちょっとクラシカルなイメージ?

フォークはNINERのカーボンフォークを採用。
ブレード横のマウントダボやフェンダー用のダボなど、拡張性の高いフォーク。

フレーム側にもリアキャリヤ用のダボを配置。
アドベンチャーなキャンプツーリング、超ロングツーリングに出かけたくなる仕様。

コンポーネントは油圧ディスクブレーキのSHIMANO ULTEGRAで統一。
とてもバランスの良いバイクです。

全体をモノトーンで揃え、タイヤサイドとハンドルのリボンだけに暖色系を持ってきたセンスも素敵!
いやあ、素晴らしいバイクを組ませていただきましたよ。
ありがとうございます。

で、
冒頭に書いたヒミツというのは??

ここまでの写真を見て気づかれた方もいますかね?
このフレーム、ただのスチールフレームではないんですよ!
実は、
カーボンハイブリッド!

前三角(トップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブ)にグラファイトデザインのカーボンチューブを使用しているのであります。
カーボンを使用することでとても軽く、細かい振動の吸収性に大変優れたバイクとなりました。
カーボン生地を見せることなく、まとめて塗りつぶしてまう男気、好きですなー。
「えぇーい!一緒に塗ってまえー!!」
ってね。

カーボンチューブをクロモリラグで繋ぐ

しかし組み付け途中で、whoo店主が大きなミスを犯していることに気づく。
「あ、フレーム単体の重量を測り忘れとるやん。。。」
しかし時すでに遅し。
ヘッドセットも圧入し、パーツもある程度組み付け、なんならブレーキホースもフレーム内に通してしまった後では、バラして測って組み直すなんてことは無理というもの。
ビルダーのマッキーに聞いてみたところ、およそ1,400g前後だということであります。

そして実は、whooでmacchi cyclesを組ませてもらうのはこれが初めてなんです。
ビルダーのマッキーとは長いおつきあい(10年以上?)なのですが、なぜか仕事としてのお取り引きはありませんでした。
なんでやろ?
不思議なことがあるもんですな。
しかし、彼の作るバイクフレームの良さを知ってしまった今、whooのおすすめバイクリストに登録です。
興味のある方、ぜひお話をしに来てくださいね。

前の記事

次の記事

最新クラシカル