雨と靴

雨の季節。
今年は特に雨の日が多い気がしません?
寒い時期はともかく、夏場は基本的に濡れても平気で自転車に乗る僕。
毎日の通勤も自転車で。

暖かいのでレインウェアも着ず、晴れの日も雨の日も基本的には同じ服装で。
どうせ濡れるもん、どうせ洗濯するもん。
そんな僕が雨で困ることは、靴が乾く暇がないということ。
近頃は良いビンディングサンダルとも出会えず、雨の日も普段のライドと同じ靴ですが、なにしろ乾かん!
走っている時に雨で濡れるのは全然良いんだが、走り出す前に乾いたソックスの上にびしょ濡れの靴を履く瞬間の気持ち悪さといったら。。。
ということで、自宅にこんなものを導入。

布団乾燥機!靴用アタッチメント付き!(※whooでは販売していません)

これ、使えます。
びしょ濡れ靴もしっかり乾燥!
おすすめ!
自宅のお布団にも使えるので、奥様におねだりしてみてくださいね。

これで濡れた靴問題は解決か?
しかし甘かった。
仕事帰りの雨で濡れた靴はこれでOK。
しかし、朝の通勤で濡れた靴を帰る時に履くのも、、、
で、解決策

店用にも靴乾燥機(※whooでは販売していません)

店には布団がないので、靴専用のコンパクトなものを。
これで完璧じゃい!
1週間の間に靴乾燥機を2つも買った僕。
雨の通勤ライドにかける意気込みが違いますがな。

と、こんなに自転車通勤が好きな僕ですが、今は特にこんな楽しみがありまして。

Panaracer GRAVEL KING SS

発売されたばかりの新しいタイヤのテスト!
なんやかんや、もう結構走りましたよ。
雨に濡れた道がメインですがねw
舗装路、グラベル、トレイル、いろんなロケーションでお試し中。

トレッドのセンター部がスリックに近いのでSS(セミスリック)とネーミング。
舗装路での転がり抵抗、振動を大幅に削減?
走り出した瞬間に「スイ〜」と感じましたよ(これまで使っていたGRAVEL KING SKとの比較)

トレイルの濡れ落ち葉や根っこの上ではやはりちょっと滑るかな。
と思ったけど、SKと比べてもそれほどのデメリットは感じず。
ま、どんなタイヤでも滑るしな。
空気圧の調整でうまく乗り切ろう。
トータルで見て、グラベルまでのアプローチや普段使いの快適さを重視するならこのSSがとても良い感じね。
(チューブレスとしての装着時にビードが上がりにくい気がしたのですが、これはまだデータ件数が少なく「たまたま」かもしれないので、何とも言い切れませんね)

ということで、当店では販売していない靴乾燥機と、当店で販売中の新しいグラベルタイヤのご紹介でした。

前の記事

MOOOOOOOTS!!

次の記事

RITCHEY OUTBACK V2 入荷!