[Cinelli NEMO GRAVEL] レアでスペシャルなヤツ

いやはや、これはニュースです。
少なくとも僕にとっては大ニュース。
きっとあなたにとってもね。

国内取り扱いあり?なし?

2019年の秋にCinelliオフィシャルのインスタグラムにアップされた一枚の写真に震えました。
美しい。。。かっこいい。。。
そして、これから当店でこのバイクを扱うことができるのか、という期待。
それはこの写真。

ね?ヤバいでしょ?
CinelliのNEMO GRAVEL(本国サイトではNEMO TIG GRAVELとも表記されてますね)
「美しいカラーの」「チネリの」「スチールの」「グラベルバイク 」
僕の大好物の要素が四暗刻なこのバイク、Cinelli NEMO GRAVELがリリースされたのです。
軽量なCOLUMBUS SPIRITチューブを使用した、当店でも人気の高いNEMO TIGシリーズ。
リムブレーキのロードバイク NEMO TIGが発売され、スチールのレーシングバイクが帰ってきた!と話題になったのが2016年。
その後、2018年にディスクブレーキ仕様のNEMO TIG DISCが追加。
そこに新たに加わったのが、大きなタイヤクリアランスを持つNEMO GRAVEL。
これは強力にオススメしていかざるを得ないでしょ!

しかし。。。

2020年の国内での展示会には展示なし。
カタログにも記載なし。
どゆこと?

代理店の営業さんを問い詰めると、、、
「一応、発注は受けられますよ」
うーむ。
一応?
カタログにも載せないのか。

しかしこのバイクはいい!
それは間違いない。
ということで、しばらく検討した後で1本だけ発注。
そして


長い月日が流れる

キター!

来ました!
忘れた頃に来た?
いや、忘れるかいな。
だいぶ待ちましたが、本当に来たー!
やっぱり美しい。。。
いや、目の前で見る実物は、写真の何倍も素敵だ。
この美しさをうまく写真に写せる腕とカメラがないのが悔しすぎる!

僕がお願いした代理店、ポディウムさんでも、このモデルの入荷は初めてだそうで、今のところ正規で入荷してきたのはこの1本のみだということ。
これはスペシャルだ!
欧米メーカーといえども自転車の製造拠点がアジアに移って久しい現在でもイタリアで製造されているこのフレーム、やはりコロナ禍による工房の生産能力の低下などの関係で時間がかかってしまったのかな?

ホイールはめてみた

今回の入荷はSサイズ。
身長がだいたい160cm台後半から170cm台前半の方に良いサイズかな?
あくまで目安ですけどね。
色もいいねー☆

SPIRIT

このフレームの特徴は

フレーム : COLUMBUS SPIRIT HSSチューブセット
フォーク : COLUMBUS GRAVEL 1-1/8 – 1-1/4 カーボンモノコック
BB : BSA 68mm
フロントアクスル : 12x100mmスルーアクスル
リアアクスル : 12x142mmスルーアクスル
タイヤクリアランス : 700x40c
シートポスト径 : 27.2mm
ヘッドサイズ : IS42/28.6 – IS47/33
フレーム重量(カタログ値) : 1,900g (Mサイズ)
フォーク重量(カタログ値) : 450g (コラム未カット)

といったところ。
タイヤクリアランスは700×40までということですが、写真を撮るためにWTB Bywayの700x40cを履かせてみたところ、少々余裕あり。
もう少し太めのタイヤもいけちゃうかもね。
さらに詳しいことはお気軽にお尋ねくださいね。

ダウンチューブのボトルケージマウントは三連ダボ

この辺の造作がたまらん!

ノブ付きのタイヤでグラベル遊びに行くのはもちろん、少し太めのスリックタイヤを履かせてロングツーリングに使うというのもいいですね!
もちろん僕もまだ乗ったことはないのですが、従来のNEMO TIGの特性を持ったグラベルバイクと考えれば容易にイメージできます。
GRINDUROなどのちょっとだけレース要素のあるグラベルロングライドなんかにもバッチリ使えるバイクが組めそうですね!

こちらのフレームセットの販売価格は ¥350,000+税。
今現在は国内に1本限りのレアもの、ぜひご検討ください。
少々お時間はかかりますが、他のサイズのご注文を受けることも可能です。
どんなことでもお問い合わせをお待ちしています!

前の記事

どう直すか