「おまかせ」される責任

whooでは、自転車のいろいろなカスタムをさせていただいています。
大きなカスタムや小さなパーツ交換などいろいろ。
今回はこんなカスタムのご依頼をいただきましたよ。

お乗りのバイクはRaleighのミキストフレームクロスバイク。
だいぶ以前(8年前?もっとかな?)に当店でお求めいただいたもの。
最近変速の調子が良くないということで見せていただいたところ、チェーンは伸びて交換推奨時期をぶっちぎり。
スプロケットもだいぶ減っています。
では直しましょう。
そこでオーナー様 
「サドルも破れてきたし前カゴも傷んでるので、その辺も一気にカスタムしてください。」
たしかにあちこち傷んできてますね。

そして相談。
「荷物は前かごじゃなくてパニアバッグがいいかな?あとは全部おまかせします」
拝承いたしました。
その「おまかせ」は、僕たちにとっては魔法のことば。
おまかせされた以上は絶対に喜んでいただきたいし、
「おまかせしてよかった!」
と思ってもらいたいじゃないですか。
いつも以上に気合いも入りますよ。
で、いろいろ考えて考えて、こうなりました。

いい感じじゃないですかー?
サドル、グリップは色をブラウンから変更してブラックで統一。
これから少し長距離も走ってみたいと言っておられたオーナーさまに向け、漕ぎやすさと快適性のバランスの良い Selle ANATOMICAのラバーサドル R2 をセレクト。
フェンダー(泥除け)はSim Works by HONJOのフラットタイプのものをチョイスして少しイメージチェンジ。
パニアバッグは安心の定番、オルトリーブで決まりです。
バッグの色までおまかせいただけたので、自転車との相性とオーナーさまのイメージで迷わずこの色に決めさせてもらいました。

とても素敵に仕上がったので、カメラ持参で試し乗りがてら、御所で「ひとり撮影会」を開催してきましたよw
生まれ変わった愛車をたいへん気に入ってもらえたようでホッとしました。
「おまかせ」の仕事はとても楽しいけど緊張しますね。
どうもありがとうございました。

前の記事

Cinelli NEMO TIG Disc 完成☆

次の記事

入荷 ☆ KING ZYDECO ☆Cinelli