RITCHEY ☆ OUTBACK V2

さて、今日も納車バイクのご紹介。
The☆whooのグラベル仲間が増えましたよー!

RITCHEY OUTBACK V2 x SRAM FORCE+RIVAL AXS XPLR

オフロードバイクの歴史を語る上で外すことのできないアメリカンブランド、RICHEY(リッチー)。
そのリッチーのスチールグラベルフレーム OUTBACK V2。
SRAMの無線電動コンポーネント eTap AXSのグラベル用1×12スピード XPLRにて組み上げさせていただきました。
機能的にはもちろん、ルックスも文句なしにかっこ良すぎであります!

ハンドルバー、ステム、シートポストはTHOMSON(トムソン)で統一。
こちらも間違いのない組み合わせですね。
ちなみに経験上の話ですが、トムソンのシートポストをスチールフレームに取り付けると固着してしまうことが多いような気が、、、しなくもなくもない。
しかし対応策は簡単。
グリスをしっかり塗ること、そして数ヶ月に一度はシートポストを抜いて掃除してグリスを塗り直してやること。
これを実践すれば固着することはまずありません。

これまでロードバイクで、ツーリングやブルベなどを楽しんで来られたというオーナーさま。
グラベルバイクはぜひスチールフレームで。
と検討の末、このOUTBACKにたどり着かれました。
見た目より軽く、乗り心地がしなやかでかっこいい!とてもいい選択ですね。
パーツ類も、SHIMANO GRXも含め、いろいろな選択肢でご検討。
なんども見積もりを作り直して、この形にまとまりました。

DT SWISS x HUTCHINSON

今回おすすめしたタイヤはこのHUTCHINSONのTOUAREG(トゥアレグ)。
実は僕も現在お試し使用中なのですが、なかなかいいですよ。
砂利、落ち葉、岩、コケ、粘土質の土、と様々な路面状況下で良いグリップを見せてくれますし、それでいて舗装路での転がりの軽さも、まあまあグッド。
毎朝実践テストしている僕がおすすめしますよ!

当店ではSRAMが人気。
特にグラベル向けのXPLRがリリースされた最近では、SHIMANOのDi2よりeTap AXSで組ませていただくことの方が多いほど。
もちろんどちらも完成度が高く、どっちがいい悪いというのはないのですが、ケーブルの一切ないフル無線のAXSは本当にスッキリとしていいですね。
RIVALにもAXSがリリースされたことで、今後ますます人気が高まってきそうです。


今回はフレームの在庫を持っていたため、比較的お早めに組みあげることができました。
とはいえやはり2ヶ月ほどはお待たせしてしまいましたが。
とても楽しい仕事をさせていただき本当にありがとうございました。
舗装路を飛び出した新しいステージでも思いっきり楽しみましょう!

さあ、グラベル仲間が増えたからにはセレブレーションライドが必要ですね!
僕たち的にいう「納車祭」というやつね。
近々告知があるかもよ?
The☆whooグラベル班のみなさん、お楽しみに!

前の記事

完成!CHERUBIM R2 Disc