フレームオーダーでJUSTなバイクを [macchi cycles]

ご無沙汰ブログ。
書きたいことは山ほどあるけど、少々バタついてまして。
昨日納車させていただいたステキバイクをご紹介です!

macchi cycles ディスクロード

京都のお隣、滋賀県の信楽に工房を構えるマッキサイクルズ。
whooでもおなじみになってきましたね。
クロモリを得意とするカスタムオーダーのフレームビルダーです。

今回のお客様は高身長で手足の長い若者。
最近ロードバイクにハマって、
「これからガシガシ走りたい!いいバイクが欲しい!」
とご相談いただき、macchiでのオーダーをおすすめいたしました。

サドルの高さが785mm!!
日本国内で一般のメーカーのフレームを探しても、ちょっと在庫が見つけにくいサイズですね。
しかしカスタムオーダーならジャストフィットのフレームが作ってもらえます。
身体の採寸、フィッティングバイクでの確認を経て図面作成。
ちなみにシートチューブ長はセンター→トップで605mm。
でかい!

若くてパワフルなオーナーさん、そしてサイズも大きいということで、剛性を上げるためにダウンチューブには35mmのスーパーオーバーサイズのチューブを使用。
この辺を好みで使い分けられるのもカスタムオーダーならでは。
ちなみにチューブはCOLUMBUSのZONAを使用しています。

ポジション、乗り味の他にも、カラーリングも自分好みに仕上げることができるというのもカスタムオーダーの醍醐味。
今回は悩まれた末、この2色をグラデーションで。

今回も手描きのイラストを送って「ぼかし」のイメージをペインターさんに伝えるアナログ派な僕。
このイラストをお客さまに確認してもらい、OKが出たらカラーサンプルと一緒に送ります。
上品なぼかし具合で美しく仕上がりましたね!

ロゴはメッキ風のキラッ☆としたシルバー。
これも素敵ですねー。

macchiのオフィシャルインスタグラムでも紹介していただきました。

グループセットはSHIMANOアルテグラの油圧ブレーキ。
THOMSONのシートポストやカーボンハンドルを使い、軽くかっこよく仕上がりましたねー。

メーカーのフレームや完成車とは一味違うカスタムオーダー。
でも難しく考えないでください。
好みの乗り味、自転車の遊び方、色のイメージなどをお伝えいただけば、それを形にするのがビルダーさんやペインターさん。
そして、その間に立ってお手伝いするのが僕たちショップです。
わがままをドカンとぶつけてください。

今回も素敵なバイクが仕上がりました。
ありがとうございました。
近々走りにも行きましょうね☆

前の記事

GRAVELING HOLIDAY

次の記事

KUALISという選択